Profile
藤本由美子と申します。1964年9月2日生まれ。山梨県で眼科医をしています。某医科大学卒業後、付属の大学病院眼科を経て、現在は眼科クリニックを経営しています。視力低下にご用心!やはり日常生活に支障が出ますし、できれば避けて通りたいですよね?!「目を大切に」をモットーに、このサイトで目や視力に関してご説明したいと思ってます。

乱視の種類によって選びたい目に合った矯正法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「乱視」の中でも「正乱視」か「不正乱視」かによって、メガネ、コンタクトレンズとそれぞれの特徴を生かした矯正法を選ぶことが大切です。

メガネ

角膜や水晶体のゆがみによって起きる「乱視」は、円柱レンズのメガネによる矯正がおすすめです。メガネの度数の調整は、しっかり矯正したからよいというものではありません。矯正のしすぎによって、物ははっきり見えるようになったけれど、逆に「疲れやすくなった」という場合もあります。特に乱視の場合は、やや弱めの矯正の方がメガネを四六時中かける場合は楽というケースもあります。こうした矯正については、眼科で処方箋を作ってもらう時に相談するとよいでしょう。

コンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズは目とレンズの隙間に涙が入ることによって、装用時に縦、横のカーブが同じになり乱視が軽減されるメリットがあります。これとは対照的に、ソフトコンタクトレンズは、目の表面にピッタリとレンズがくっついた状態になるため、いびつなカーブがそのまま残ってしまい、乱視の状態を矯正しにくいデメリットがあります。
一般的に「正乱視」の場合は、ハードコンタクトレンズ、または乱視用のソフトコンタクトレンズで矯正。病気やケガによって起こることが多い、「不正乱視」は角膜の表面が凹凸になっており、ゆがみが一定でないためハードコンタクトレンズでの矯正に。メガネやソフトコンタクトレンズは適していません。