Profile
藤本由美子と申します。1964年9月2日生まれ。山梨県で眼科医をしています。某医科大学卒業後、付属の大学病院眼科を経て、現在は眼科クリニックを経営しています。視力低下にご用心!やはり日常生活に支障が出ますし、できれば避けて通りたいですよね?!「目を大切に」をモットーに、このサイトで目や視力に関してご説明したいと思ってます。

メガネやコンタクトレンズ・近視の矯正法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「近視」は眼球の奥行が長いことが原因であるため、これを縮めることは不可能です。外科的な治療法で治すとなれば、近視屈折矯正手術、「レーシック」など以外、今のところありません。たいていの場合、近視はメガネやコンタクトレンズを使用することで矯正を行います。

メガネ

近視用のメガネは凹レンズでできています。このレンズには焦点距離を延ばす作用があります。近視用のレンズは端にいくほど熱くなるのは、この凹レンズの形状にあるからです。特に強度の近視の場合は、レンズが牛乳びんの底のように厚く、ウズも目立つため、メガネをかけた時の容姿が気になることも。最近はそれを回避した薄型レンズも開発されています。
子どもの近視の場合、「メガネをかけると近視が進む」と悩まれる親御さんもいますが、見えにくい文字を目を細めて見ていたりすると、逆によけいな調整力を働かせることになり、近視が進んでいきます。眼科医での検査でもふつうは0,3以下になるとメガネは必要とされます。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズの形状も中央部が薄く、端のほうが厚くなっている凹レンズ。コンタクトレンズは角膜に密着して装用するため、メガネよりもゆがみがすくなく、強度の近視には最適ともいわれています。また、メガネと違って容姿を変えずにすむのでコンタクトの愛用者は非常に増えています。最近はさらにおしゃれに装いたい人向けに、瞳が大きく見えるうえに、視力の補正も兼ねた「カラーコンタクト」が出ています。