Profile
藤本由美子と申します。1964年9月2日生まれ。山梨県で眼科医をしています。某医科大学卒業後、付属の大学病院眼科を経て、現在は眼科クリニックを経営しています。視力低下にご用心!やはり日常生活に支障が出ますし、できれば避けて通りたいですよね?!「目を大切に」をモットーに、このサイトで目や視力に関してご説明したいと思ってます。

様々な種類がある「近視」の症状とその原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「近視」は、基本的に角膜や水晶体の屈折異常によって、網膜の手前で焦点が合ってしまう状態です。一言で「近視」といっても、さまざまな種類があります。

屈折性近視

角膜や水晶体の屈折率が強く、焦点が網膜の手前で結ばれてしまうため、遠くのものがぼやけて見えます。これは長時間、近くの物を見続けることによって起こりやすい近視。

軸性近視

「屈折性近視」と違って、毛様体でのピント調節は正常状態にあります。しかし、眼球の奥行があるため、水晶体と網膜の距離が近くなり、網膜より前で焦点が結ばれことによって発生する近視。遺伝的な要因による近視の多くが、この「軸性近視」である可能性が高いようです。目も体の成長に合わせて大きくなってくるので、子どもの「軸性近視」は年齢とともに進行しやすいといわれています。

核性近視

加齢によって起きる「老人性白内障」にともなって起きる近視の状態です。白内障になると水晶体が白くにごり、光がうまく通過できなくなります。そのため光が乱反射をし網膜で鮮明な像が結べなくなり、視力低下が起きるのです。症状が進むにつれ物がぼやけて見えるようになります。

偽近視

仮性近視とも呼ばれるもの。目の疲労により毛様筋の緊張が取れず、一時的に近視のような状態になることです。通常の近視とは分けて考えられています。また、「偽近視」を放置し、この状態が3か月〜1年と続くと近視状態が進行していく場合が多いようです。
近頃良く聞くワード、以下のWEBサイトで情報収集しましょう