Profile
藤本由美子と申します。1964年9月2日生まれ。山梨県で眼科医をしています。某医科大学卒業後、付属の大学病院眼科を経て、現在は眼科クリニックを経営しています。視力低下にご用心!やはり日常生活に支障が出ますし、できれば避けて通りたいですよね?!「目を大切に」をモットーに、このサイトで目や視力に関してご説明したいと思ってます。

知っているようで知らない目の使い方と見え方の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
通常、人間は左右、2つの目で物を見ています。つまり両目を使うことによって、物の奥行を感じ、より立体的にとらえることができるのです。眼球は「外眼筋」といった筋肉で支えられ、動きをコントロールしながら、物を見ています。近くを見る時は、眼球が内側に向くように筋肉を動かし、遠くを見る時は眼球の間の角度が開くように自然と動かしているのです。このように物を見る位置に合わせて、眼球は上下、左右、斜め、遠近と動いているわけです。この時に、左右の目を使って行っているのだから、両眼とも同じように動かしていると思うでしょう? ところが、人それぞれ目の使い方に癖があって、偏った使い方をしている人がほとんどです。
この偏った使い方を日常生活の中で、私たちが毎日繰り返し行っていることに実は気づいていません。眼球の動きに偏りが出てくると、眼精疲労のもとになり、頭痛、肩こり、そして視力低下を招くことになりがちです。よく両目の視力が極端に違う人がいるでしょう。「ガチャ目」といわれるタイプです。こうした場合でも、自分の偏った目の使い方を少しでも改善できれば、目に加わるストレスも軽減できるのです。
左右の目の使い方は、「両眼視機能検査」を受けることでわかります。眼科、または眼鏡店の中でも、この検査を行っているところがあります。視力の低下を感じる人、また、メガネやコンタクトを使っていても「やたら疲れる」とお悩みの方はせひとも検査を受けてみることをすすめます。